進学・進路

コンセプト

進学・進路コンセプト

diaspora180

ディアスポラ(διασπορ?、英:diaspora)とは、植物の種などの「撒き散らされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉で、 元の居住地を離れて暮らす国民や民族ないしコミュニティ、またはそのように離散すること自体を指します。

捜真では卒業や卒業生をディアスポラと呼び、離れていても志を同じくする者と考えています。 毎年の卒業生がほぼ180人前後であることから、ディアスポラ180と命名しました。礼拝を基本として授業、課外活動などが一体となって、それぞれのキャリアの良いスタートとなるよう、 捜真ファミリー全体でバックアップしています。

進路指導の目標

捜真女学校の進路指導の大きな目標は、「自分の幸せだけでなく、他者の幸福をも実現するためにはどうしたらよいのか」という問いに、 自分なりの答えを見出し、それを実現する力を生徒が身につけることです。その上で、一人ひとりの個性や特性が活かせるよう、進路の“ベストマッチ”の実現に向け、全教職員と生徒一人ひとりが共に歩んでいきます。

ベストマッチを実現させる3つのプラン

1. 人間を知り、自分を知るプラン

  • 人間とは何か、いかに生きるかを問うキリスト教教育
  • 将来のビジョンを描くための、徹底した教員(担任、教科担当、クラブ顧問)との面接

2. 社会を知り、世界を知るプラン

  • 社会を学び、経験する総合学習
    「横浜とキリスト教」「環境」「仕事」「平和」「進路」
  • 世界に目を向ける海外交流プログラム
  • 本物に触れ、知的好奇心を育む講演会・コンサート

3. 自分に磨きをかけ、実力をつけるプラン

  • 中学1年生から、規則正しい生活と学習習慣を身につける手帳の活用。
  • マナーやコミュニケーション力を学ぶ捜真エレガント・レディ・レッスン。
  • 向上心や協調性を育むクラブ活動や委員会活動。
  • 確かな学力をつける英語・数学の習熟度別授業や高2、3の少人数選択授業。
  • 学力の一層の向上を目指す夏期講習、理系勉強合宿
  • より高い実力を養う模擬試験、英語検定、GTEC、漢字検定、数学検定への積極的な参加。