MENU
横浜市神奈川区中丸8番地 045-491-3686(捜真女学校)

5月18日 捜真生になってみよう! 学校説明会ブース紹介

2019.4.27

Soshin Jogakko

5月18日(土)捜真生になってみよう!第1回学校説明会

ただいまご予約を受け付けております。5月17日午後3時までに本校ホームページ説明会予約サイトにてご予約ください。

本日は、保護者様対象のブース説明会の内容をご紹介いたします。7つのブースの中から当日、3つまで選んでいただくことができます。

①捜真の留学制度(担当:ネルソン綾)

 捜真主催の留学制度には充実した事前学習と事後報告会があります。事前学習の「なぜ?」「なに?」、研修後に生徒が「なに」を語るかをご紹介したいと思います。

 

②捜真の授業(担当:鳥居敬一)

「どうせできないから」と低い限界を設定しないで、自分の可能性を信じて、高いレベルで本物の醍醐味を味わうことを目指します。

 

③保護者が過ごした6年間(担当:中山謙一校長)

捜真は子どもたちが育ち輝く場であると同時に、親が出会い、交流し、輝く場でもあります。親どうしの交流を語っていただき、捜真教育の広さ·深さをご紹介します。

 

④捜真のキリスト教教育(担当:藤本 忍宗教主任)

捜真のキリスト教教育~毎日の礼拝、聖書の授業、自然教室等~が生徒の人格形成にどのような影響を与えるのか、具体的にお伝え致します。

 

⑤捜真の女子教育(担当:島名恭子)

これまで捜真からは約1万人の「素敵なLady」が卒業していきました。「女子校」でなければできない捜真の「人格教育」をご紹介します。

 

⑥中学1年生の学び(担当:阿部一博)

自分の殻をやぶるのは自分です。親鳥が卵を見守るように、大人にできるのは「見守る」こと。捜真流の見守り方をご紹介します。

 

⑦高校3年生の進路選択(担当:菅原佐江子)

捜真の学校生活には、自分の進路を考えるきっかけがたくさんあります。そこからどのように将来の夢へとつなげていったのか、理系の進路を中心に具体例をご紹介します。

 

Back