校章・校歌・校旗

校章・校歌・校旗

校章

白い富士山と横浜の青い海

捜真が誕生の地、横浜山手から現在地の神奈川中丸に移転することが決まった1909(明治42)年に定められました。白い富士山と横浜の青い海を象徴したモチーフに、女学校はSOSHIN JO GAKKOの略称SJG、小学校はSOSHIN PRIMARYの略称SPを配してあります。

  • 女学校校章

  • 小学校校章

校歌

1909(明治42)年12月、捜真が山手から中丸に移ることが決まったころ、女学校教頭藤本伝吉が作詞し、アメリカの古い讃美歌のメロディーで歌うようになりました。

神の心あらわれて 清き園となりにけり 真の道とい来よと 教えの家たちにけり 富士の高嶺の門辺にま白く 八洲の海の軒端に青みて さながら幣の色や 神の宿りのしるしなるらん 世に交じりて世に堕ちず 世を救いの君のごと 永遠に薫れ園の花 清く歩め家の子よ 山秀でて水清し ここ聖霊のすむところ 気は結びて人となり 人は国の花となる

校旗

女学校の校旗は旧教員小倉遊亀(日本画家・文化勲章受章者)のデザインで、昔も今も校庭に咲くからたちの花をあしらってあります。小学校の校旗は、小倉遊亀の弟子で旧教員の大福唯桂が手がけました。

  • 女学校校旗

  • 小学校校旗